ギャンブル依存症とオンラインカジノの増加|新型コロナで増加するオンラインカジノ

雑談

新型コロナウイルスの影響により、増加しているのがオンラインカジノユーザーです。
オンラインカジノはユーザーにとっては有名なことであっても、大半の人は聞いた事が無いと思われます。

ここ数年オンラインカジノの利用者は増加傾向にあり、新型コロナウイルスの影響でさらに増えました。

オンラインカジノで問題視されていることが、ギャンブル依存症です。

オンラインカジノとギャンブル依存性の関係性について、詳しく解説していきます。

オンラインカジノ利用者は増加傾向

ここ数年オンラインカジノを利用する方が増加しており、新型コロナウイルスの影響でさらに利用者は増加しました。

オンラインカジノは、インターネットによりカジノゲームを楽しむことが出来るゲーミングです。
ここ数年、AIや5Gの急激な発展により、インターネットでカジノゲーム市場が急激な成長となりました。

世界のオンラインカジノゲーム市場規模右肩上がりであり、2024年には約1,142億ドルに達すると言われています。
右肩上がりで増加していく主な理由は、オンラインカジノゲームオペレーターによる新たな技術開発です。
本場ランドカジノに引けを取らないほどの臨場感あふれる雰囲気であり、家に居ながらランドカジノの雰囲気を味わうことが出来る程の成長ぶりです。
日本でも急速にオンラインカジノが拡がっており、日本は世界の第2位の市場となっています。

日本のオンラインギャンブル市場は世界で巨大なマーケットを持っており、既に国際カジノゲームオペレーターの数社は、国内市場に日本語で参入しています。
そのため、日本人も気軽にオンラインカジノを堪能することが出来ているこの状態が、日本国内のカジノゲーム環境の現状といえます。

日本政府は、オンラインカジノのこの環境を十分に認識しており、オンラインカジノの合法化に動いていると言われています。

本場カジノさながらのオンラインカジノの便利さ

日本では、正式にはオンラインカジノは合法化とはなっていません。
しかし、法律上で取り締まることができない状態なので、違法ではなく楽しむことができます。

オンラインカジノで実際プレイをし、お金を賭けてゲームを行うことで勝利すれば日本円で換金も可能です。
その流れは、日本のパチンコでの景品交換と同じ側面を持っているといえます。

昭和の方にはイマイチ理解しにくいかもしれませんが、若い方はデジタル通貨を使いスマホやパソコンで日々オンラインカジノを楽しんでいます。

新型コロナウイルスの影響により本場のランドカジノに行けなくなった方の多くも、オンラインカジノを楽しんでいる方が増えています。
家に居ながら本場のカジノを満喫することができるので、本場に行けなくても十分に楽しむことができると、好評です。

オンラインカジノはギャンブル依存症になるのではという方もいますが、実際そんなことはないようです。
自宅で自分のペースでカジノを楽しむことが出来るので、余計に費用を使い過ぎない傾向があるようです。
ギャンブル依存症になるのはギャンブルのせいではなく、自分自身のモチベーションの問題といえるでしょう。

IR誘致はギャンブル依存症を作ってしまうのか

現在日本では、IR誘致が計画されています。
IR誘致に対し、国民の半分以上はカジノによりギャンブル依存症が発生してしまうのではと心配されています。

しかし、IRを誘致してカジノができることでギャンブル依存症になってしまうという考えは、少し違うのではないかと言われています。
カジノをするからギャンブル依存症になるのではなく。ギャンブルを行う人のモチベーションの問題といえます。

IR誘致とギャンブル依存症は全くの別の問題であり、分けて考える必要があると言われています。
それより大事なのは、IRによって受けることが出来る莫大な経済効果と雇用効果です。

現在日本では新型コロナウイルスが猛威を振るっており、各業界では大きな打撃を受けています。
事業を建て直すことができなく、倒産へと追いやられてしまった企業は少なくありません。
新型コロナウイルスが終息した時の日本には、IRによる大きな収益と雇用効果は必要不可欠と言われています。

IR誘致に対して、誘致開発はギャンブル依存症が付きものという考えは、大きな誤解といえます。
このような反対意見は、日本だけに見られる特殊な傾向という意見もあります。

IR誘致が完全なメリットとなるとは、100%言い切れません。
しかし、IRのカジノ施設は想像以上の楽しいエンターテインメント施設であることが間違いありません。
しかし、ギャンブル依存症とは関係がないことを覚えておきましょう。
IRのカジノ施設で高い利益率を誇るのは、ハイローラーの富裕層の存在です。
一般の人はターゲットとなっていないので、一般の人がギャンブル依存症になる心配は不要といえます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました