オンラインカジノって実際儲かるの?

オンラインカジノについて

オンラインカジノって本当に儲かるの?

オンラインカジノでは数万、数十万の勝利金を得ることは日常茶飯事。

数百万の勝利金を得るだけでも夢がありますが、日本でも開始2ヶ月で4,000万も勝ったユーザー、10ドルで3,000万勝った欧州の女性、数億円の勝利金を得たユーザーが実在します。

オンラインカジノ特有の一攫千金は「ジャックポット」が有名です。

ジャックポットは世界各国のオンカジユーザーが積み重ねた損失額を積み立て、その積立金を1人のユーザーが当選金として根こそぎ獲得できるシステムのこと。なかでも日本ではジャックポット機能が搭載されたスロットが人気で、数千万~億超えの当選金を獲得した事例もある夢のあるゲームです。

ちなみにオンラインカジノ大手のベラジョンカジノでは「ジャックポット」のゲーム選択画面で、積立金を確認することができます。

ベラジョンカジノのジャックポットゲームの選択画面のスクリーンショット(PC・パソコン画面)

この金額が大きく膨れ上がっているゲームで遊べば高額勝利の可能性が高まるかもしれません!

なぜそこまでオンラインカジノは稼げるのか?

当選金の大きさが物語るとおり、オンラインカジノは日本の公営ギャンブルに比べて遥かに稼ぎやすいと言われています。それは客観的な数値にも現れていて、ギャンブルの稼ぎやすさを示す指標であるペイアウト率(還元率)です。

ペイアウト率はプレーヤーが支払った賭金に対して払い戻される金額の割合で、例えば1万円の賭けに対して運営元が8,000円の勝利金を支払っていればペイアウト率は80%で、残り20%が運営元の利益となります。ちなみに100%を超えると運営元が赤字になりますので、ギャンブルのペイアウト率は100%未満に収まるのは普通です。

このペイアウト率が高ければ高いほどユーザーにとって儲けやすく、低ければ低いほど負けやすいギャンブルとなるのですが、オンラインカジノはこのペイアウト率が他のギャンブルに比べて非常に高く、以下の表を見ても日本のパチンコ・パチスロ、競馬競艇と比べても明らかに数値が高い事が分かります。

ギャンブル還元率(ペイアウト率)
オンラインカジノ約97%
パチンコ・パチスロ約80%
競馬・競艇約75%
サッカーくじ(toto)約50%
宝くじ・ロト約45%

オンラインカジノのペイアウト率が高いのは、他のギャンブルに比べて経費が安く済むからです。

例えばパチンコ屋ですと全国各地に店舗が必要で、家賃、土地取得費用、人件費、電気代、スロット台・パチンコ台の購入費(リース台)などで月々、何百万~何千万単位の莫大な維持費がかかります。

しかしオンラインカジノは店舗がなくネットサイトだけで運営していますので、経費は最小限のスタッフ人件費、サーバー代など少額の経費で運営可能なため、ペイアウト率を高めても十分に経営していけるのです。

しかもこのペイアウト率は第三者審査機関によって保証されており、その審査基準をもとに政府発行のライセンスを取得し、オンラインカジノサイトが運営されておりますので、イカサマやインチキ、ユーザーにとって不公平な仕組みにならないようになっています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました